コラムをさがす

キーワード:

産み分けに本当に効果がある食べ物やサプリメントは?その根拠と成功率

リンカルやクランベリーなどの産み分けサプリメントはよく聞きます。こういった食べ物やサプリメントで本当に産み分けはできるのでしょうか。

 

今回は、食べ物やサプリメントを使った産み分けの方法やその根拠、成功率などをまとめました。

産み分けに効果があるとされている食べ物やサプリメントって?

自然妊娠で産み分けをしたいと思ったとき、8割以上の人がセックスのタイミングや方法などを工夫しています。

 

しかし、それだけでは産み分けの成功率はよくて7割程度。もっと産み分けの成功率を上げたければ、男性も女性も日常生活から見直しをして産み分けができる身体づくりをしていく必要があります。

 

そこで話題になるのが、食べ物やサプリメントです。

 

産み分けに効果的とされているものでよく言われているのが、クランベリーやコーヒー、リンカルです。

 

これらは全部口から摂取しますので同じようなメカニズムを利用しているように見えますが、実はそれぞれ根拠となるものや方法が違ってきます。詳しく見ていくことにしましょう。

クランベリーを使った産み分け

産み分けの方法

クランベリーを使った産み分け方法は、『酸性食品』『アルカリ性食品』を利用した産み分け方法になります。

 

具体的にどのように産み分けをしていくかと言いますと、

 

■男の子を産み分けたいとき:男性は酸性食品を、女性はアルカリ性食品を食べる

 

■女の子を産み分けたいとき:男性はアルカリ性食品を、女性は酸性食品を食べる

 

という風に、食生活の中心をシフトさせていきます。

 

一般的に、酸性食品とアルカリ性食品は次のように分けられます。

 

■酸性食品:肉類・魚類・穀類・卵・乳製品・ジュース・アルコール

 

■アルカリ性食品:野菜・果物・きのこ・海藻・大豆食品

 

※酸性食品にはトマト・リンゴ・ミカン・ブドウ・クランベリー、サツマイモなどが例外的に入ってきます。

 

クランベリーは女の子の産み分けに使われますが、サプリメントとしてのイメージや味、見た目、香りなどの都合が良いのでしょうね。

 

精子を全て作り変えるためには、およそ3ヵ月かかります。

 

そのため、産み分けの3ヵ月前から食事の内容を変えるのが理想とされています。

 

サプリメント以外でこの方法を行うのは、栄養の偏りやパートナーと別々の料理を作ったり食べたりしなければならないことがストレスになりやすいので、あまりおすすめできません。

どうして産み分けができるの?

私たちの身体は食べている食品で作られます。そのため、アルカリ性や酸性の食品を摂ることで身体の酸性度を調節することができると考えられています。

 

これは、科学的に

「男の子(女の子)になる精子はアルカリ性(酸性)に強くて酸性(アルカリ性)に弱い」
という性質がありますので、女性の身体をアルカリ性にすれば男の子酸性にすれば女の子が産まれやすいという風に考えられています。

 

しかし残念なことに、人間の身体は恒常性があり、体温などと同じように身体の酸性濃度は食べ物がいくら偏っていても中々変わらないような仕組みとなっています。

 

そのため、本当に酸性やアルカリ性の食べ物を摂るだけで産み分けができるようになるのかは科学的に立証できていない産み分け方法となります。

コーヒーを使った産み分け

産み分けの方法

コーヒーを使った産み分けは、男の子の場合にだけ効果を発揮します。具体的には、セックスの前50分~70分以内に男性がコーヒーを飲むという方法になります。

どうして産み分けができるの?

コーヒーを使った産み分けは、精子の運動量に関係しています。

 

男性がコーヒーを飲むと、コーヒーに含まれているカフェインが血液に乗って精巣にまで届きます。すると、精巣の中の男の子になる精子の運動量が増え、女の子になる精子の運動が鈍くなるという効果があるのです。

 

男の子になる精子はもともと泳ぐスピードが女の子になる精子よりも速いので、排卵日当日のセックスで男の子を産める可能性をアップさせられます。

 

これは科学的な研究から分かった事実ですので、本当に産み分けの効果が期待できる方法です。ちなみに、カフェインには興奮作用もありますので、

「激しめのセックスが求められる男の子の産み分けにはさらに効果的があるのでは」
という意見もあります。

 

コーヒーが苦手という人には、抹茶や紅茶、緑茶などでもOK。これらの飲料にはコーヒー以上にカフェインが含まれています。

 

セックスの前に簡単にできる方法ですので、男の子の産み分けを考えているときにはぜひとも取り入れたい方法です。

リンカルを使った産み分け

産み分けの方法

リンカルはリン酸カルシウムというサプリメントで、コーヒーと同じように男の子の産み分けに使われます。

 

産み分け前に女性が最低2~3ヵ月続けて服用し続けることで男の子が産まれやすくなります。

 

ただし、授乳期間中の服用は産み分けの効果が低下してしまうため、産み分けの効果が得にくくなってしまいます。

どうして産み分けができるの?

リンカルは、もともとは元気な赤ちゃんを産むために開発されたサプリメントです。

 

しかし、妊娠活動中から摂り続けていた人の子どもには男の子ばかりが産まれ、

「産み分けに効果があるのではないか」
と産院で注目された産み分け方法が、リンカルを使った産み分け方法です。

 

ところが、実際に男の子ばかりが産まれた理由についてはまだ分かっていません。

 

膣内をアルカリ性にしているのか、女の子になる精子の活動量を落とす効果があるのかなど、産み分けのメカニズムについては現在も研究されている状態です。

食べ物やサプリメントだけで成功率は上がる?

ここまで食べ物やサプリメントによる産み分け方法とその根拠をお話しましたが、その成功率はどれくらいでしょうか。

 

タイミング法や酸アルカリ法と併せた産み分けの成功率はおよそ70%ですが、食べ物やサプリメントを併せて産み分けをすると、コーヒーでは3~8%程度、クランベリーやリンカルの服用では10~15%程度の成功率アップが期待できます。

 

食べ物やサプリメントでの産み分けの成功率の上がり幅は少なく、単独では産み分けの効果は期待できませんので、必ずほかの産み分け方法と併用するようにしましょう。

オススメなほかの産み分け方法

 

 

それでは『どのような産み分け方法をすればよいのか』ということですが、手軽にできて成功率も高いのは産み分けゼリーという産み分けグッズを使う方法です。

 

射精前にサッとゼリーを注入して膣に馴染ませることで、産み分けたい性別の精子が得意な酸性濃度に膣内環境を整えてくれるのが、この産み分けゼリーです。

 

酸性やアルカリ性といった食べ物を摂らなくても確実に酸性濃度を変えられるという強みもありますし、タイミング法と併用するだけで産み分けの成功率は80%以上に跳ね上がります。

 

手間もかからず、体調を崩してしまう恐れもありません。

 

産み分けゼリーにつきましては、産み分け成功者が語る!産み分けゼリー選びの3つのポイントで詳しく紹介されていますので、参考にしてみるとよいでしょう。

徹底比較!今話題の産み分けゼリー